財務分析

財務分析事例 『王子ホールディングス株式会社』

今回は、製紙業大手の王子ホールディングス株式会社(以下、王子HD㈱)を取り上げました。企業が事業縮小などで雇用を維持できない状況になった場合、労働者を速やかに再就職させるため、再就職支援を人材会社などに委託すると企業に支給されるのが労働移動支援助成金です。再就職支援が使命の王子HD㈱が、人材大手テンプHDの子会社にリストラ指南を受け、従業員を退職に追いやり、補助金を得ていたことが問題になり、「首切りビジネス」と糾弾されました。
しかし、多くの方はこのニュースをご存じないと思います。

2011年~2015年3月期までの5年間を分析しました。

企業力総合評価は青信号領域であるも低調で、114.66P→106.45P→109.84P→120.58P→109.55Pと推移しています。
営業効率(儲かるか指標)・資本効率(資本の利用度指標)は青信号領域の真ん中を横に不安定に動いています。
生産効率(人の利用度指標)は青信号領域にあるも4期連続下落しています。この指標の悪化を食い止める手法の一つが労働移動支援助成金活用ということになります。確かに従業員数は減少し、給与は減るので生産効率と営業効率が改善します。
資産効率(資産の利用度指標)は赤信号領域です。売上に対して総資産が多いのでしょう。
流動性(短期資金繰り指標)は、赤信号領域から出ません。
安全性(長期資金繰り指標)は赤信号領域から青信号領域へ着実に改善トレンドです。
1949年8月創業、と社歴は長くかつ一部上場企業ではありますが、優良企業とは言えません。

下図の㈱東芝は2012~2016年3月期の第3四半期までの分析で、㈱東芝の直近期は不祥事の影響の序盤データと考えて下さい。
㈱東芝の企業力総合評価は、97.15P→98.53P→108.96P→106.74P→73.28Pと推移し、不適切会計発覚で33.46P(=73.28P-106.74P)も下落してしまいました。
王子HD㈱は、㈱東芝と同程度下落すれば76.09Pになってしまいます( )。60Pが破たん懸念ラインですから、ひょっとしたら、王子HD㈱も厳しい経営状況となる可能性があります。
SPLENDID21NEWS第118号で㈱東芝を取り上げましたが、不適切会計は年率0.32%という微々たるインパクトであっても、信用失墜に伴うその後の経営に及ぼす影響は相当なものです。リーマンショック時のような悪化です。
 
以下王子HD㈱の有価証券報告書から抜粋しました。一番目に記載されています。

2016年2月22日に問題が発覚しましたが、4月7日現在、HPにお詫びの言葉もありません。
 
 下の株価チャートを見て下さい。㈱東芝が下落の一途なのに対し、株価はかえって上昇しています。

まとめ 
問題の大きさは考慮されるべきかもしれませんが、現実の考慮は世間の注目度。
これからの王子HD㈱は㈱東芝とは違った道を辿るのかもしれません。不祥事は社会的信用を失墜させますが、信用の失墜のダメージは、報道の多寡によります。大きなダメージは㈱東芝の企業体質を
変える可能性がありますが、王子HD㈱はその機会を失ったのかもしれません。

 
編集後記 分析のNEWSというよりため息のNEWSになってしまいました。美しい花の季節が来たというのに・・・・なぜかしら・・・(._.)       文責JY 
〒541-0052 大阪市中央区安土町1-6-19 プロパレス安土町ビル7階D号 株式会社 SPLENDID21
 tel 06-6264-4626 ✉ info@sp-21.com    過去のNEWS、セミナー情報はhttp://sp-21.com


 
 

お問い合わせ

お名前(ご担当者名)
会社名
メールアドレス (半角英数字)
郵便番号 - (半角数字) ▼郵便番号から住所を表示する
ご住所 都道府県/市区町村

番地/建物・マンション名等
電話番号 - - (半角数字)
FAX番号 - - (半角数字)
お問い合わせ内容 [ 財務分析について ]

講演・セミナー

事務所案内

企業理念・教育方針

所長の部屋

大倉社会保険労務士事務所(提携先)人事・給与

人事・給与・人材派遣

ビジネスツール

お問い合わせフォーム